スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルクス・ワーゲン

VW(フォルクスワーゲン)といえば日本の輸入車販売で、ほぼ毎年のように

販売台数1位のメーカーです。その中でもゴルフが1番売れていますが

今回は、そのゴルフ(5代目)の兄弟車 ジェッタの整備です。

2014_0530_085056-DSC_0183.jpg


以前から、この車はエンジンオイルの消費が激しく、最近では

オイル漏れもひどくなって、思い切って リサイクルエンジンに

乗せ換えることになりました。

2014_0527_145920-DSC_0181.jpg

VW・アウディ グループといえば、FSI、TSIというエンジンが有名ですが

日本でいう直噴ガソリンエンジンです。

FSIは自然吸気の直噴エンジン。TSIはターボ付き直噴エンジンという

分け方のようですが、このエンジンはTSIと呼ぶ前のFSIターボという名称です。

2014_0527_131647-DSC_0177.jpg

エンジン・ミッションを降ろしたところです。



さて、VWでもうひとつ有名なのがDSGと呼ばれるミッションです。

2014_0527_142329-DSC_0179.jpg2014_0527_142340-DSC_0180.jpg

DSG= ダイレクト・シフト・ギアボックスと呼ばれる、マニュアルミッションを

電子制御化したものです。世界的には DCT=デュアル・クラッチ・トランスミッション

と呼ばれ、日本でもランエボやGTRといった一部の車に使用されています。

無事にエンジンも載せ替え、試運転したのですがエンジンもすごくいいのですが

このDSGミッションは素晴らしいですね!

なにも知らずに乗れば普通のATかと思うでしょうが、アクセルを多めに踏んだり

Sモードで走れば、ただのミッションではないと気づきます。

発進時のクラッチミートや変速の素早さは、普通の人であれば、とてもこんな上手に

運転できないでしょう。日本でも、以前にイスズやスバルでMTの電子制御化したものが

ありましたが、全然、出来が違います。

こんな、FSIやTSI、DSGといった高度な技術を大衆車と呼ばれるゴルフやポロに

搭載する VWというメーカー まさに恐るべしです。



スポンサーサイト

メルセデス・ベンツ

2013_0518_164832-DSC_0022.jpg2013_0511_165311-DSC_0012.jpg2013_0521_163503-DSC_0004.jpg2013_0521_163515-DSC_0005.jpg2013_1002_155309-DSC_0088.jpg




ずら~りメルセデツ・ベンツ!!

そのブランド力で世界の自動車メーカーのトップレベルに

君臨し続けるメーカーといったところでしょうか!

ベンツも多種多様な車種があり覚えきれませんが、

大きなフロントグリルとスリーポインテッドスターの

シンボルマークは変わらないですね!

さて、そんなベンツのある故障ですが

エアコンの冷房、暖房がまったく効かない、つまり

温度調整ができないといった症状です。

車はEクラス(W211系)です。

この車の場合、エンジン冷却水を室内のヒーター

(湯たんぽみたいなもの)に取り込むか取り込まないかの

切替をヒーターバルブという部品でしています。

故障するとどちらか一方の冷房か暖房が効かなくなります。

内部はこのようにモーターで温水の切替をしていて

錆によりまったく動かなくなっていました。

2013_1122_163654-DSC_0107.jpg 2013_1122_163724-DSC_0109.jpg



さてこの部品の交換ですが、左ハンドル車と右ハンドル車では

整備性が全然違います。

右ハンドル車は、めっちゃやりにくいです!

左ハンドル車だと、工賃は多分、半分以下、何分の一か

じゃないかと思います。

このように輸入車の場合、左ハンドルと右ハンドルでは

同じ車でも整備内容によっては整備料金が違うってことが

ありますので、ご了解ください。


BMW 3シリーズ

2013_0912_114100-DSC_0079.jpg


BMW 323i (E90型)です。

BMWもいまや多種多様の車種がありますが

一番売れているのが、この3シリーズでしょうか。

個人的にBMWといえば直列6気筒エンジン(昔はその滑らかに

回るエンジンを評して、シルキィ・シックスと呼ばれていた)に、

FR駆動(確かFFモデルは無いはず)、そして、丸目4灯ヘッドライトに

キドニーグリルと誰が見てもBMWとわかる伝統のデザイン等々、

非常に個性的なメーカーというイメージですね。


さて、この車に積まれているエンジン(N52B25A)ですが

2013_0910_144012-DSC_0076.jpg

VANOSとバルブトロニックといったものが付いています。

VANOSとは国産車でいうVVT(可変バルブタイミング機構)で、

バルブトロニックとはホンダのVTECのようにバルブリフト量が可変

するのですが、ホンダのようにエンジン回転数で可変するのではなく、

アクセル開度で可変させ、しかもそのバルブリフト機構にモーターを

使用しています。これは事実上、スロットルバルブが要らないそうですが

(安全上のために一応付いているが)驚きの装置です。

(トヨタもバルブマチックという似たようなのがありますが)

そして、その吹け上がりですが、やはり普通のストレート6にはない、

V6か?ロータリーエンジンか?というような感じですね。

まさに、駆け抜ける歓びといったところでしょうか!


さて、このE90型は日本に正規輸入されるのは、南アフリカ製だそうですが、

確かにトランクルームの右側のバッテリーケースカバーに

”made in southAfrica” の文字をみつけました(*^^)v






ボルボV90

2013_0801_102647-DSC_0037.jpg

北欧スウェーデンの車 ボルボV90

最近の車にはない直線的なデザインで重厚感がありますね。

ボルボといえば850やV70でFFの直列5気筒エンジンという

イメージが強いですが、このV90は最後のFR直列6気筒エンジン車!

俗にボルボのなかのボルボと言われてるそうです。

2013_0801_163254-DSC_0039.jpg

またこの直列6気筒エンジンはポルシェとの共同開発です!!


さてさて、そんなボルボV90がエアコンがまったく冷えない

ということで入庫しました。

原因はエアコンのコンプレッサーが作動していない状態で

コンプレッサーのマグネットクラッチの内部ショートでした。

2013_0803_174629-DSC_0043.jpg

エアコンのコンプレッサーASSYの画像ですが、まるい色の黒い部分が

マグネットクラッチといってファンベルトがかかり電流で内部と

直結回転したり空回転したりと電磁石のような構造になっています。

しかし修理時点では、この部品だけの国内供給が無く

本国オーダーで約1か月かかる納期状態でした・・・。

そこでいろんな状況から、やむなくリビルト(再生部品)のコンプレッサーASSY

での交換となり数日での修理完了となりました。

輸入車の場合、部品によっては国内在庫なし、本国オーダーで

納期1か月~?発注しないと分からない?ってのがあります。

なので時間と金額との兼ね合いもあり、いろんな手段、方法を

考えてお客様と相談しないといけないと思います。


さてボルボの乗用車は1998年にフォードに買収されボルボ・カーズとなって

フォード傘下になり、その後、最近は中国企業に売却されました。

このV90はそうなる前の最後の本当のボルボの車だそうです。








ジャガーXJ

イギリスの高級車 ジャガーXJ(X308型)

2013_0604_165649-DSC_0024.jpg

2013_0604_165539-DSC_0021.jpg

伝統的な正統派高級サルーンといった風格があります。

エンジンはV8でなめらかに吹け上がり、そしてその乗り心地が独特ですね。

俗にジャガーのサスペンションのしなやかさを ねこ足と呼ぶそうですが

ソフトで柔らかでもなくハードで硬くもない、まさにしなやかと呼ぶに

相応しい感じです。

そんなジャガーが足回りの修理で入庫しました。

左後ろのハブ(軸受)にガタが発生していて

原因は内部のベアリングでした。

2013_0612_114105-DSC_0036.jpg 2013_0612_114050-DSC_0035.jpg

整備しながらその独特の構造に驚きました\(◎o◎)/!

サスペンション、ハブ、ドライブシャフトといった足回りの

構造が独特で他の車では見ないものですね。

そして輸入車のなかでもジャガーはトップレベル的?な

部品の値段の高さにも驚きです。

なので劣化箇所を慎重に見極め、交換部品を選定しないといけません。


そんなこんなで必要な部品交換作業もおわり、ガタの発生も無事に治り

ほっと胸をなでおろす気分でした(*^^)v

ちなみに使用されているベアリングはなぜか?フランス製でした!






プロフィール

Author:吉田
ロータス大久保 工場長 

過去に整備した実例集です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。