スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアバッグ展開!

今や新車のほとんどに装備されているエアバッグ。

いわゆる衝突による乗員の衝撃を緩和する装置ですが

事故修理でエアバッグが展開した車が入庫することも

近年増えてきました

2013_0513_154243-DSC_0017.jpg

上の画像は通常、前席両側のエアバッグが展開した場合に交換する主な部品です。


*運転席エアバッグ*

ハンドルの真ん中にあるホーンを鳴らす為に押す部分です。

車によってはその奥にある配線ケーブルも交換する必要があります。



*助手席エアバッグ*

エアバッグが展開したことによって突き破れたインストルメントパネルも

交換必要となります。


*エアバッグコンピュター*

エアバッグの作動したコンピューターや衝突センサー類は一式交換必要となります。


*両側のシートベルト*

これはプリテンショナー付きシートベルトの場合ですが、このシートベルトは衝突時

に中にある火薬でガスを発生させシートベルトを巻き取り乗員をシートに縛り付ける!

働きをします。(この後、巻き上げる圧力を弱め乗員の負担をなくす、ロードリミッター付き

もあります) なので作動したシートベルトは再使用できません。


といったようにエアバッグが展開するとその交換部品と整備料だけでも多額の費用が必要です。

また車種によってはサイドエアバッグやカーテンエアバッグが付いているものもあります。


ゆえにエアバッグが展開するほどの事故の場合は、その他の部分の損傷もひどい為

多くの場合、年式の新しい車以外は全損状態(修復費用がその車の価値より高くなる)

となるようです。


でもそれで命が守られたなら何よりだと思います。


しかし注意していただきたいことはエアバッグはSRSエアバッグと呼ばれ

あくまでシートベルトの補助装置(その略がSRS)となっています。

シートベルトをせずにエアバッグが展開した場合、衝突による反動に加え

エアバッグの展開によってボクシングのカウンターパンチのように衝撃が

倍増して襲い、場合によっては頸椎骨折や内臓破裂になることもあるそうです(ToT)/~~~


なので運転する時は必ずシートベルトをつけてですが、エアバッグ付きの車はなおのこと

絶対、シートベルトをつけましょう!(^_^)v










           

スポンサーサイト
プロフィール

吉田

Author:吉田
ロータス大久保 工場長 

過去に整備した実例集です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。