スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッチOH

いまや販売される新車の9割以上はAT、CVT車になり、MT車は数少なくなってきました。


*AT車 一般的な自動変速機の車

*CVT車 ATと構造が違う無段変速機という名の自動変速機の車

*MT 手動変速機 いあゆるマニュアル・ミッション車


MT車にはAT車にはないクラッチペダルというものがあって、

ギアチェンジをするたびにこのペダルを踏んで離してという動作が必要になり、

その煩わしさから敬遠されてきたのでしょうが、MT車には利点もあります。


まずミッションの重量が軽い!

同じAT車に比べて重量が軽いので燃費がいい。

エンジンブレーキもかけやすいのでブレーキの消耗がすくない。

変速は自分の意思で、できるので車を運転している感覚がある。

などなどです。


しかしMT車に発生する故障でクラッチの滑りというものがあります。

*クラッチとは・・エンジンを始動したりギアチェンジをする際には負荷を断つ必要があり、

車が発進する時にエンジンの動力を急激に伝えると、

動力が大きい場合は車が急発進し、動力が小さい場合はエンストしたりするために、

動力を徐々に接続する必要があります。


クラッチは、これらを解決するためにエンジンに掛かる負荷を必要に応じて

断続するものです。 MT車はこれを機械的にするのでクラッチペダルがあり、

AT車は自動でするのでクラッチペダルが必要ないということなんです。


さて、クラッチが滑る?とどうなるか?


エンジンの動力が伝わらないので車は動くことができません!

なので修理をするのですが、その名は

クラッチOH(クラッチ・オーバーホール)です。


車からミッション(変速機)を降ろして

(エンジンとミッションの間にあるので、場合によってはエンジンとミッションをいっしょに降ろす)

クラッチ関係を分解して必要な交換部品を交換して組みなおす・・

という作業になります!

結構、重整備なんです!<(`^´)>


降ろしたミッション(FF車)です。

mt.png


交換したクラッチ関係の部品類です。

無題


というわけで修理した車は無事にまた動くようになりました。(^_^)v


さて、クラッチの滑りはなぜ発生するのか?

というと、最大の理由は半クラッチの多用です。

★半クラッチ

(エンジンの動力を完全に伝えていない中途の状態、運転状態では、
クラッチペダルを踏んで離す間の動力が伝わるか伝わらないかの状態)

を多用すると磨耗が進みます。


MT車の運転はスムーズな人もいれば、ギクシャクする人もいて個差がでるように、

クラッチの修理も発生頻度にかなりの個差がでます。

ゆえに誰が運転してもあまり変わらないAT車が普及したのでしょうね(*^^)v 

ちなみにAT車も劣化によって滑りが発生して走行できなくなることもありますので・・・

スポンサーサイト
プロフィール

吉田

Author:吉田
ロータス大久保 工場長 

過去に整備した実例集です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。