スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルシェ911

2013_0527_162700-DSC_0011.jpg
車検整備で入庫してきた ポルシェ911(1992年式 964型 3代目)

2013_0531_120126-DSC_0019.jpg

独特のデザインによる存在感と車格!かっこいい~ですね。

ポルシェ911は現在モデルチェンジを繰り返し7代目(991型)となっていますが

初代の911(901型)は1964年デビューで、しかも基本的なデザインやレイアウトは変えずに

この年月!! 凄いですよね。\(◎o◎)/!

このポルシェ911が他の車と違う所ですが

2013_0527_162641-DSC_0010.jpg

まず、リアエンジン・リアドライブ(RR)であることと水平対向6気筒エンジンなのですが

なんと、空冷エンジン(4代目の993型まで)なのです!!しかも放熱性の悪そうな後ろに置いて・・・

なので普通じゃないものがエンジンオイルはドライサンプ方式(レーシングカーとかに採用されている)

で普通の車はウエットサンプ方式といってエンジンの下にオイルパンが付いて中にエンジンオイルが

入っていますが、この911はエンジンの右横にオイルタンクがあり、右ヘッドライトの下あたりに

オイルクーラーが付いていて多量のエンジンオイルで冷却しつつエンジンファンで冷却するといった

工夫がされています。

またエンジンオイルの量の点検はエンジン暖気後エンジンをかけたアイドリング状態で点検します。

実際、エンジン停止状態から始動直後、暖気後とレベルゲージの量の位置はかなり差があります。

ゆえにエンジンオイルの量の管理はシビアですね。

さすがは ポルシェ911 エンジンオイルの点検だけでもシビアな車です!(*^^)v







スポンサーサイト
プロフィール

吉田

Author:吉田
ロータス大久保 工場長 

過去に整備した実例集です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。