スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルクス・ワーゲン

VW(フォルクスワーゲン)といえば日本の輸入車販売で、ほぼ毎年のように

販売台数1位のメーカーです。その中でもゴルフが1番売れていますが

今回は、そのゴルフ(5代目)の兄弟車 ジェッタの整備です。

2014_0530_085056-DSC_0183.jpg


以前から、この車はエンジンオイルの消費が激しく、最近では

オイル漏れもひどくなって、思い切って リサイクルエンジンに

乗せ換えることになりました。

2014_0527_145920-DSC_0181.jpg

VW・アウディ グループといえば、FSI、TSIというエンジンが有名ですが

日本でいう直噴ガソリンエンジンです。

FSIは自然吸気の直噴エンジン。TSIはターボ付き直噴エンジンという

分け方のようですが、このエンジンはTSIと呼ぶ前のFSIターボという名称です。

2014_0527_131647-DSC_0177.jpg

エンジン・ミッションを降ろしたところです。



さて、VWでもうひとつ有名なのがDSGと呼ばれるミッションです。

2014_0527_142329-DSC_0179.jpg2014_0527_142340-DSC_0180.jpg

DSG= ダイレクト・シフト・ギアボックスと呼ばれる、マニュアルミッションを

電子制御化したものです。世界的には DCT=デュアル・クラッチ・トランスミッション

と呼ばれ、日本でもランエボやGTRといった一部の車に使用されています。

無事にエンジンも載せ替え、試運転したのですがエンジンもすごくいいのですが

このDSGミッションは素晴らしいですね!

なにも知らずに乗れば普通のATかと思うでしょうが、アクセルを多めに踏んだり

Sモードで走れば、ただのミッションではないと気づきます。

発進時のクラッチミートや変速の素早さは、普通の人であれば、とてもこんな上手に

運転できないでしょう。日本でも、以前にイスズやスバルでMTの電子制御化したものが

ありましたが、全然、出来が違います。

こんな、FSIやTSI、DSGといった高度な技術を大衆車と呼ばれるゴルフやポロに

搭載する VWというメーカー まさに恐るべしです。



スポンサーサイト
プロフィール

吉田

Author:吉田
ロータス大久保 工場長 

過去に整備した実例集です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。