スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミングチェーン

エンジンにはタイミングベルトといって国産車では10万キロで交換が推奨されている

ゴム製のベルトが多用されていますが、最近の車には昔の車に多用されていた

金属製のチェーンが増えてきました。そもそもゴム製のタイミングベルトが使用される

ようになったのはエンジンの静粛性と軽量化にあったのですが、なにぶんゴムなので

劣化によっていつかは切れるためメーカーによって交換時期が定められました。


しかしチェーンを作るメーカーの努力によって軽くて静かなサイレントチェーンなるものが

生み出されてタイミングベルトにとって代わる勢いで増えてきました。

金属なので交換の必要性がなくなりメインテナンスフリーでユーザーの負担も軽減される

と思われていたのですが・・・


チェーンは伸びるんです!

伸びるとどうなるかっていうとエンジンの音がガラガラいってうるさいとか

なんとなくエンジンの調子が悪いとかいう症状に現れます。

5ee4ebfa-s.jpg



上の写真の中にある左側は新品のチェーンで右側は古いチェーンです。

見てのとおり、変色して少し伸びています。

またエンジン内部もこのように・・・

022f4e04-s.jpg



こんがりきつね色になっています。

こうなってしまうのは、やはりエンジンオイルの定期的な交換を怠ったためです。

以前もエンジン老いる!でエンジンオイルの重要性を説明しましたが

やはり、エンジンオイルの定期的な交換!が大事ですね!

ちなみにこのエンジンは新品のチェーンに交換して、まさにサイレントになりました。(^^)v


スポンサーサイト
プロフィール

吉田

Author:吉田
ロータス大久保 工場長 

過去に整備した実例集です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。