スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンブローその3

さて、前回のエンジンブローした車の修理の方法ですが、選択肢がいくつかあります。

1:エンジンオーバーホール(エンジンをバラバラに分解して、必要な部品を交換し、

 各部清掃、修正し組み立てること)する。


2:エンジンをまるごと交換する。

 この場合にも選択肢があって、 


 ①新品のエンジン・・・まず使用しません。高額すぎて。

 ②リビルトエンジン・・・使用後のエンジンを再生して、組み立てたエンジン。
             性能は新品同様で、保証期間もある。

 ③リサイクルエンジン・・・いわゆる中古エンジンで程度に差があり、保証もない。


今回の場合、エンジンの状態がかなりひどく、交換部品が多くなりオーバーホールするより

リビルトエンジンに交換するほうが安くなりそうです。

しかし、車の年式や修理後どれほど使用するか、

あと金額で一番安くつくのはリサイクルエンジンなのですが・・・


というところをお客さまと相談した結果、

★リサイクルエンジンに乗せかえることに決まりました。

そこで、全国ネットで探すのですが選択するには条件を自分なりに考えます。


*走行距離、事故歴の有無、箇所、出品地(雪国、海沿いは錆の発生が多い)


といったところを吟味してグッドチョイスするように心がけています。

今回は何点かあったなかで、ひとつにしぼり注文し良品がくるのを期待しました。

そして、三日後に届き梱包を解いてあけてみると・・

お~なかなか程度よさそうなエンジンじゃん!よかった!ヽ(^o^)丿

というわけで、早速エンジン乗せ替えだ~!

2703fb46-s.jpg  b3e0adf0-s.jpg

 
乗せ換え作業は、はっきり言ってハードですが

慎重に作業を進め無事乗せ替えました。


すべての作業を再確認して、いざエンジン始動!

この瞬間が何回やってもドキドキしますね。(*^_^*)


結果、エンジンも調子よく試運転も入念にして、

車全体も問題ないことを確認して作業を終えました。


これからも調子よく無事に乗っていただきたいと思います。


からだはへとへと、でも、こころは満足(^-^)でした。





スポンサーサイト
プロフィール

吉田

Author:吉田
ロータス大久保 工場長 

過去に整備した実例集です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。